「嫉妬」という感情を知る

カテゴリ:ブログ

 

こんにちは!

今日はちょっと肌寒い気温の東京です。

皆様のところはいかがでしょうか?

コロナだけではなく、風邪などにも気をつけないといけませんね。

 

さて、昨日に続き、今日もネガティブな感情をお伝えします。

 

「嫉妬」

この感情も厄介です。

 

嫉妬とは、簡単に言えば、「やきもち」

誰かが自分より恵まれていたり、優れていることに対して羨みねたむことです。

 

ん?

ここで、何かに気付きませんか?

 

つまり、自分は嫉妬している相手よりも低い立場にいるということです。

自分は相手に負けているということです。

 

だって、失礼ながら、あなたよりずっと格下の人に嫉妬なんてしませんよね。

 

だから、嫉妬しているということは、負けを自分で認めちゃっているということなのです。

 

 

残念ですよね。

自ら負けを認めるなんて。

 

ここで、今日の気づきの前の大前提です。

 

「 嫉妬している自分の感情に気付いたら、エフィカシー(自己能力の自己評価)を上げること 」 

 

それでもどうしても嫉妬してしまうようなら、負けないように自分を磨くことですね。

自分が成長することで、負けない自分が出来上がりますよね。

 

Oh! なんと!

ここで気づきです。

 

『「嫉妬」が自分を成長させてくれる』ものと変わります。

 

これぞピンチをチャンスにです。

考え方ひとつで、大逆転です。

面白いですね。

 

 

さて、今日はここまでにいたしましょう。

 

See you tomorrow!

 

°˖✧ 「嫉妬」なんて怖くない! ✧˖°

 

プリサージュ | 

TOP