自分自身の目標?

カテゴリ:ブログ

 

 

 

こんにちは!

今日も穏やかな一日でしたか?

ずーっと家に籠っていると、身体が鈍ってきませんか?

そんな時はストレッチですね!

私はリングフィットで、楽しく動いてます(笑)

 

さて、昨日、目標設定のお話をしたので、

せっかくなので、今日も目標設定の話題にしたいと思います。

 

あなたには、目標がありますか?

いえ、今更、「目標は明確にしましょう!」とか、そんなことを申し上げるつもりはありません。

 

私がお訊きしたいのは、

その目標は、本当にあなたの目標ですか?ということです。

 

どういう意味か?というと、

もしかしたら、世の中の良識に惑わされていないか?ということなんです。

 

誰かに言われたから・・・

どこかの本で読んで・・・

そうしたほうがいいのかと思わされて掲げた目標ではないか・・・?

 

実は自分ではそんな目標は嫌なのに、

しなくちゃいけないから、しぶしぶその目標にしちゃっているとか・・・?

 

実はこれ、世の中あるあるなのですが、

絶対ダメなんです!

これはあなた自身の目標ではないから、

何とかしてモチベーションを上げないと達成できないのです。

 

本当の目標というものは、

「自分が、何が何でもぜったいそうしたい!」

「誰に何を言われようと、そうしたい!」

というものでなければならないのです。

 

つまり、英語で表現すると、わかりやすいのですが、

『 want to ~ 』『 ~したい! 』

 

逆に、ダメなのが、

『 have to ~  』『 ~しなければならない 』『 ~すべきだ 』

 

納得できますか?

だから、「want to 目標」の場合には、モチベーションは必要ないのです。

だって自分がしたいと思っていることだから、

自然とそれに向かって身体が動くわけですから。

 

もちろん、どうしてもやらなければならない目標というものもあるかもしれません。

でもそれを「have to 目標」と捉えてしまうと、

モチベーションを必要としてしまいます。

 

ですから、ここでも3D発想を応用して、

その目標を達成したら、自分にとってどんないいことが待っているかを考えてみましょう。

そうすれば、それは自分の「want to 目標」に変わります。

だって、達成すれば、いいことが起こるのですから、自然にやりたくなりますよね?

 

この時間のある今だからこそ、自分の目標を見直すこともできるかもしれませんね。

 

ということで、今日はこの辺で。

 

See you tomorrow!

 

°˖✧ want to 目標をたてて、わくわくしよう! ✧˖°

 

 

プリサージュ | 

TOP