新入社員研修のその前にするべきことⅢ

カテゴリ:ブログ

 

今日は新入社員が入ってくる前にやっておくべきこと、そのパートⅢです。

 

今日はあえて、当たり前のことを書きます。

でもこれは、自分で素直にしっかり考えてみないとわからない、難しいことでもあるようです。

 

それは、

 

「 感謝 」 です。

 

誰に?

何に?

 

それは、

 

「 自分の周りにいる仲間、全員に対して 」 です。

 

仕事は、決して一人ではできません。

一人ひとりの役目があって、それをしているからこそ、自分自身の仕事も成り立っているわけです。

もちろんあなたがしている仕事も誰かの役に立っているはず。

そう考えると、一人ひとりに、全員に意味があるということなのですね。

 

これは、本当にごく当たり前のことです。

でもこれ、出来ているでしょうか?

周りを見渡して、全員がそう思っているでしょうか?

 

「感謝」という観念は、本気で考えないと答えが見つからないものです。

逆に、「怒り」「憤り」や「嫉妬」は、なぜ自分がそういう気持ちになっているか、一瞬でわかります。

「ありがとう」と言った瞬間に、

なぜ自分はこの人に「ありがとう」を言ったのかなんて、いちいち考えないものだからです。

だからそれは、単なる口癖、習慣化してしまっていたりもするのです。

 

でも、それでは心が入らない。

それではダメなのです。

 

ですから、もう一度、新入社員が入ってくる前に、周りの人に対する想いを確認しておきましょう。

 

もちろん、”合わない””好きじゃない”人もいるかもしれません。

人間ですからそれもあるでしょう。

でも、それでも、一緒に仕事をしている仲間であることには間違いないのです。

そしてその人がしている仕事にも意味があるのです。

 

それを踏まえて、大人として感謝できるようになると、

自分の器も一つ大きくなるのです。

もしかすると、その人がいることで、我慢を覚えるかもしれないからです。

我慢は人を成長させます。

 

そしてそんな職場風土は、入ってくる新入社員にも大きく影響するものです。

最初が肝心。

 

素敵な会社風土を作り上げましょう。

 

✨ 今日の一言 ✨

周りの人に「 感謝 」しよう!

プリサージュ | 

TOP