探し物は何ですか?

カテゴリ:ブログ

 

先日の出来事です。
ある家具屋さんで、お会計の時にレジで駐車券を渡したときのことです。
駐車券を受け取った店員さんが、スッと駐車券を落としてしまったのです。
「あれっ?えっ?!ないっ!ないっ!!」
なんと落とした駐車券がどこにもないのです。
消えてしまった!!

レジ回り、下の方にある箱の中を探しても見つからない。
「嘘でしょう?!」と、その不思議さに首をひねりながら、
店員さん二人と私と主人の計四人がかりで2~3分ほど探したでしょうか。
「まさかとは思うけど、このマットの下かもしれないからめくってみよう」としたその時!
「あっ!あった~~~!!!」
やっと見つかったその駐車券は、裏が黒色で、黒のフットマットと同化していたのです。

 

そう、駐車券の表面は「白」。
裏面が「黒」だなんて意識は、どこにもなかったのです。
だから、ちゃんとその場に落ちていたにも関わらず、見えなかった!
駐車券は「白いもの」という固定概念の下、探していたのですね。

 

これは、脳幹網様体賦活系という脳の働きのひとつで、
人間は「自分がアンテナを立てているものしか目に飛び込んでこない」という現象です。
いわゆる「思い込み」のなせる業です。
人は、自分が「見たいと思っているものしか見えてい
ない」のです。

 

 

これは笑い話ですが、実際、人はいろんなところでこの枠組みにハマっています。

でもこれだと、世の中にあふれている面白いこと、役にたつこと、自分にとってのチャンスにも
気付くことが出来ません。
もったいないですね。

 

だから、ぜひ、いろいろなものに、関心を持つことをお勧めします。
興味がなくても、でもそれは実は知らないだけかもしれないのです。
興味がないことにも目を向ける意識を持ちましょう。

 

 

でも、そもそも「興味のないことって何?」と思われるかもしれませんね。
それは、人間に備わった第六感に敏感になることです。
ふとした瞬間「あれっ?」と思ったら、興味がなくてもそれに意識を向けてみてください。
きっと何かに気付くはず。
もしかしたら、その時には「ふ~~ん」と全然関係のない事かもしれません。

でもきっと後から、「あ!これはあの時の!?!」ということが起こるものです。

 

是非、そんな面白い発見のためにも、固定概念を取り去り、
しなやかに柔軟性のある思考で毎日を過ごしてみてください。

 

人生を面白く、楽しくするのも、つまらなくするのも、あなたの思考次第。

 

どうせなら、楽しくいきたいですね!

 

✨ 今日の一言 ✨
いろんなものに興味を持とう!

 

 

プリサージュ | 

TOP