愛情表現5つのタイプとホスピタリティⅡ

カテゴリ:ブログ

12月22日に「愛情表現とホスピタリティ」というタイトルでブログを書きましたが、今日はその続編です。

愛情を感じるアンテナには、5つのタイプがありました。

今日は、その各タイプにうまく対応できない人(相性が悪い人)がどんな人なのかを解説し、それに対処するアドバイスを綴ります。

もしご自分がそれに当てはまっていたら、意識しましょうというアドバイスです。

 

「 言葉タイプ 」に対して苦手なタイプは

・ 人をほめることが苦手な人

・ 人のいいところを見つけられない(真っ先に悪いところに気づく)人 

 

このような方は、相手がうれしいと思うことが思いつかないので、相手を褒めることができません。

ですから言葉で相手に愛情を伝えることが難しいのです。

是非、人をほめることに気を配りましょう。

「おべっか」を言うのではありません。

相手の悪いところではなく、いいところを見てあげるということです。

 

 

「 時間タイプ 」に対して上手に対応できない人は、

・ せっかちなタイプの人

・ 時間に追われている人

 

このタイプの方は、いつも時間に追われてパタパタして落ち着きのない人です。

自分の時間を使うことにもあくせくしているので、「相手に自分の時間を取られるなんてもってのほか」と考えます。

でも相手は「落ち着いて自分を見てほしい」「それがとても安心する」と思っているので、うまくいかないのです。

相手と同じように、自分の気持ちも落ち着かせる努力をしましょう。

時にはゆったりと構えることも必要だと捉えましょう。

 

 

「 タッチタイプ 」に抵抗がある人は、

・ 人に触れられることに違和感を感じる人

 

自分がされて嫌なことは、相手にもできません。

ですから触れられることが嫌いな人は、このタッチという行為自体ができない傾向にあります。

この場合は、さらりとしたタッチでしのぐ方法しかありません。

肩をポンポンとするだけでも相手を気持ちを寄せてくれます。

チャレンジしてください。

 

 

「 奉仕タイプ 」に寄り添えない人は、

・ 面倒くさがりの人

 

たとえ相手が喜ぶかもしれないと思っても、自分が面倒なことは実行したくないのでうまくいきません。

この場合の相手は、とにかくマメに動いてもらえることに愛情を感じるので、動くしかありません。

頑張りましょう。

 

 

「 ギフトタイプ 」に対応できない人は、

・ お金に余裕がない人

・ 倹約家の人

 

お金を使うことがあまり好きではないので、他人にあまりお金を使いたがりません。

でもやはり、時と場合によっては相手に対する気落ちを「形」にすることも必要なことを覚えておきましょう。

「金額」ではありません。

「気持ち」なのですから。

 

 

ということで、いろいろな苦手タイプをお伝えしてきました。

相手を見て、自分がそのタイプに対して不得意だったなら、ぜひ意識して、相手とコミュニケーションをとりましょう。

そこで何かが変わります。

 

是非お試しください。

 

 

✨ 今日の一言 ✨

相手への愛情を、きちんと表現できるようになろう!

プリサージュ | 

TOP