「おもてなし」のされ方・・・?

カテゴリ:ブログ

今日はちょっと視点を逆側から視ていきたいと思います。

と、いきなり何を言い始めたかと言うと・・・?

「おもてなし」する人がいれば、もちろんその反対側には
「おもてなし」される人がいるのです。

そして「おもてなし」する側には2種類の人がいますね。
「おもてなし上手」と「おもてなし下手」です。

同じように「おもてなし」される側の人にも2種類の人がいて
「おもてなしされ上手」と「おもてなしされ下手」に分かれます。

私はずーっと、いろんなところでこのことを申し上げているのですが
それでもやはり世の中は広いので?伝わっていないようですから
もう一度ここで声を大にして言い放ちます!!

「心地よいおもてなし」をされたいのなら、
「この人に是非おもてなししてあげたい!」と思われるような人になりましょう!!!

特にサービス業という分野に特化してお話すれば・・・、
例えば、私がCAの頃の機内での出来事。

Ex.1
カッコいいガタイのいい男性がビジネスクラスに乗ってこられました。
その身体にお似合いの大きな重そうなかばんをお持ちになって・・・。

私   「ご搭乗ありがとうございます」(*^^)
お客様 「あ、どうも(・へ・) この荷物よろしく!」
ドンッ!
私   「え????」(ー_ー)!

Ex2.
同じようにカッコいい背格好も同じような男性、同じビジネスに・・・。

私   「ご搭乗ありがとうございます」(*^^)
お客様 「あ、どうも!よろしくね!」(*^^)
私   「こちらこそ、よろしくお願いいたします!お荷物、お預かりいたしましょうか?」
お客様 「あ、そう?ありがとう。でもこれ重いから移動は自分でするよ。
どこに持っていけばいいかな?」
私   「あ!?ありがとうございます。ではこちらに・・・。
ありがとうございます。助かります!」(*^。^*)

その後の機内でのサービス・・・どちらのお客様へのホスピタリティ度合いが高かったでしょうか?
もうおわかりですよね?!

そう、もちろん差別してはいけないんですよ。差別なんてとんでもない!!!
天下のナショナルフラッグキャリアで働いている私たち、
自分の気分によって差をつけてはいけないことぐらい、百も承知です。
だから、一応ソツなくこなすけれど・・・、でも違いは顕れますよね。

人間なんて、そんなもの・・・ではありませんか?

え?!私だけ~~~?!・・・なんてことはないでしょう?
そんなこと、言わせませんよ!
大なり小なり、程度の違いはあっても、基本みんな同じはずです!!

要するに、「おもてなし」する側は、こんな些細なことで対応が変わるんです。
心から相手のためを思って100%を目指して「おもてなし」しようとするならば、
相手が何を求めているか?
どうしてほしいか?を
気にするように、探るようになるんです。
心からそうしたいと思えば・・・ね!

逆にどうでもいい人、義務でしなければならない人に対しては、
そこまで気を・・・、心を・・・配らないですよ。

だから「おもてなし」される人にも立ち位置というものもあるのではないでしょうか?
この例の場合、もちろんお金を払ってお客さまという立場ではあるけれど、
みんな同じフィールドの上で生きている人間です。
お金を払ったからといって、横柄な態度をとり、おもてなしする人へ心も配らなくていいのでしょうか?
そんなことはないはずです。

ということは、「おもてなしされ上手」な人は、人に対する日ごろからの思い遣りが出来ている、ということ

=(イコール)

「おもてなしされ上手」は「おもてなし上手」でもあるということですよね。

いかがですか?

この機会にちょっと振り返ってみて下さい。

あなたはいつも心地よい空間にいることが多いですか? = おもてなしされ上手ですか?
それとも・・・?

「人間は自分がしたことは、必ず巡り巡って自分に返ってくる」
と言われています。

ホスピタリティも同じだと、私は思います。

もちろん誰にでも心地よくして差し上げられたら、それに越したことはありませんけどね。
器の小さい私にはまだまだ無理かな~!

ははは・・・。

ということで、今日も一日、器を大きくする努力でもいたしましょうか?!

ではでは・・・今日も

Be happy!

プリサージュ | 

TOP